ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

お金の行方

【財布】

 昨日のタイの新型コロナ新規陽性者15335名。

 

海外からの入国の際の隔離検疫中に陽性になった方19名。

 

よってタイの国内感染は15316名。

 

亡くなった方129名。

 

刑務所関係641名。

 

市中感染は14675名。

 

バンコク2700名、サムットサコーン県1081名、サムットプラカーン県1056名、チョンブリ県795名、ノンタブリー県585名、チャチュンサオ県571名とこの辺りが爆発的に多い。

 

サムットサコーン県とサムットプラカーン県共に1000人超えだし。

 

そりゃ伸ばしたく無い新規陽性者も仕事を続ければ伸びるだろうし。

 

挙句は何処ぞの鳥加工工場で超大型クラスターだとか。

 

3000人規模の陽性者が出てるってもう意味不明。

 

デルタ変異株は恐ろしい。。。

 

亡くなった方も毎日の様に最多を更新し始まっているし。

 

家や道端で亡くなる方の報道も相次いでいるバンコク

 

もうマジかとしか言いようが無い。

 

重症重篤な方も961名と増え続けている。

 

この連休が明ける頃には間違い無く1000人コースか。

 

医療現場と経済との戦いになっている。

 

何とも勝ちが無い戦いになってきてる。

 

だから日本も連休だからと出掛けている場合では無い。

 

その時が来て誰でも分かる時は手遅れだと思う。

 

それでもただの風邪と言えるかどうか。。。

 

夜街の女性に請われるままに送金をする方も多いと思う。

 

現在の新型コロナ禍では当分夜街の再開も厳しそうだし。。。

 

50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんも多少は夜街の女性に送金してあげたいが相手が居ない。。。

 

ソレを要求してくる女性も居ない。。。

 

とにかく一縷の望みを持ちバンコクなりパタヤなりにお客さんと懇ろになって居続ける女性も多いと思う。

 

それにしても夜街の女性はこの状況でも見事である。

 

今はタイ全土で規制が強化されている状態。

 

それに伴い学校にも行けない状況となっている。

 

かと言ってそのまま学校の勉強をしないわけにもいかない。

 

当然リモート授業となる。

 

しかしである。

 

バンコク等の大都市圏ならいざ知らず。

 

ゴーゴーバーの女性達の出身地と言えばお決まりのイサーン地方。

 

そこでリモート授業と言うのはインフラ自体に問題を感じ無くもない。

 

それでも可愛い子供の為に用意するものは用意しなければならない。

 

何とかスマートホンで授業を受ける人も多いとか。

 

まだスマートホンが有れば良い方。

 

ソレを不憫に思った女性が一緒に住んでいる男性に相談。

 

タブレットかPCを買うしか方法が無い。

 

結果PCを買う方向で調整に入る。

 

幸い景気の良い?時にせっせと田舎に送金したおかげで田舎の家にはwifi環境が有るらしい。

 

後にお隣の家のwifiが入り、ソレを使って良いとパスワードを聞いているだけであったことが判明するが。。。

 

そしてタイのPC。

 

安くても新品はTHB1万位すのかな?

 

そのお金をどうするのか?

 

私の中ではもちろんこの女性の転がり込んだ先のおっさんが払うんだろうな想像していた。

 

ところがである。

 

女性は他のお客さんに連絡を取り始める。

 

そして田舎でPCが必要だからとお金のお願いが始まる。

 

お客さんはこの新型コロナ禍でお金に困っているだろうとお金を出してくれる。

 

何と夜街の女性曰くで有る。

 

同居?の男性にはそこまで負担させられ無いとの配慮から。

 

何とも気が利いている。

 

と言うか日本に居るお客さんが可哀想で。。。

 

全部が全部そう言う話では無いと思う。

 

当然日本のお客さんはお金を出すのだから写真みたいな話にはなるが。

 

田舎には帰っていないとか何とか誤魔化して買ったPCとソレを使う子供が映る写真が送られる仕組み。

 

タイに居ても同じ事が行われる位だから。。。

 

日本に居たら。。。

 

日本に居るお客さんにしてみれば知っている限りでは良し良しお金の件で俺を頼る位だから困っているのだろうと。

 

タイが解放された暁にはと。

 

しかしこの夜街の女性にとって特別な地位を手に入れるのは不可能に。。。

 

そもそも本当に大切ならばお金を言ってこない。。。

 

恐ろしい現実を知ってしまった気がする。。。

 

まだ子供の教育で本当にPCが必要?なのだからマシな話かと勝手な理解をした。

 

とある夜街の女性が言っていた。

 

良いお客さんはご飯だけでチップをくれるお客さん。

 

殆どのお客さんはその後が有るから面倒だと。。。

 

あいや〜!

 

この女性の田舎はイサーン地方。

 

お金の無い人はお寺の学校へ行くとか。

 

普通の学校と何が違うのか分からないが。

 

インターナショナル校とかなら何となく違いが分かるのだが。

 

タイで駐在していてもこの新型コロナの折では女性を誘っても中々良い返事が貰えないと思う。

 

新型コロナが怖いのもそうで有るが、要はお金だけ頂戴なんだなと。

 

むしろこの新型コロナ禍は先を考えなければ都合の良い部分も有るのだと思う。

 

もう今更そうそう送金するお客さんも少なくなったとは思うが。。。

 

それでもLINE一本とは言わないが、メッセージを送るだけでチョイチョイとお金が手に入る。

 

違う夜街の女性も言っていたな。

 

大切な人にはお金を要求しないと。

 

だから夜街の女性がお金の無いタイ人を相手にする事が可能になるのか。。。

 

お金はソッチ、特別な方はあっちと。。。

 

結局はどうやってお金を継続的に得ていくかを考えていない気が。。。

 

ソッチもそうだが話を聞いていて日本に居るお客さんなのかな?

 

非常に可哀そうに聞こえてしまった。

 

特別な地位を買えると思っての送金。

 

しかし知らず知らずのうちに良い出汁を出していただけ。

 

今のタイは濃赤ゾーンに於いてゴルフすらできない状態。

 

それこそバンコクパタヤに居る夜街の女性が田舎に帰ろうとしても帰れないに近い状態。

 

これでは日本からなんて早々の状態になっている。

 

下手をすると。。。

 

10月以降でバンコクが解禁されても夜街の女性とは中々会う事すらかなわない可能性も有るのか。

 

ゴーゴーバーでもカラオケでも夜街の女性達は外国人はお金を持っていると思ってこの職業?に就いているのだと思う。

 

実際にある程度の大金を手に出来る方も多いのだから。

 

しかしタイではお金持ちがお金の無い方に恵むのは当然の考え方がある。

 

タンブン。。。

 

そうなるとお客さんが女性にいくら送金してもただのタンブンの良い人で終わってしまう。。。

 

周りの方や夜街の女性達の話を聞いていてその事に気が付いた。

 

やはり50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんがお嫁さんをタイで探すためには。。。

 

ちゃんとタイ語を覚えて夜街では無い女性と巡り合う様に頑張るしかないのか。。。

 

とんでもなく高く厚い壁のタイ語。。。

 

サワディーカップだかキンカオルーヤンだかレベルのまま約1年。

 

夜街の女性がベースの考え方ではあるが、お金の有る良い人も同時に目指さねば。

 

タイに居る外国人はお金持ち。

 

その夢を壊して日本人の地位を貶める訳にはいかない。

 

でも最近の日本人は単に都合の良いお財布としか思われていない節が夜街の女性にある様な。

 

もともとか。。。

 

私だけ??? 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング