ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

大予想 新型コロナ編

【シーラチャー】

昨日のタイの新型コロナ新規陽性者2680名

 

海外からの入国の際の隔離検疫中に陽性になった方11名。

 

よってタイの国内感染は2669名。

 

亡くなった方35名。

 

刑務所関係280名。

 

市中感染は2389名。

 

バンコクが1096名。。。

 

全く変化無し。

 

チョンブリ県みたく毎日の新規感染者を出したらずっと変化無いのかな。

 

再生産数が1.0以上ありそうな気がする。

 

無症状だから気が付いていないだけで。。。

 

悪いい方にはなるが、この数字に慣れてしまえば7月以降の外国人受け入れで多少の数字の増減があっても。

 

慣れとは恐ろしい。

 

Covid-19との共存になるのは間違いないとは思うけど、今の内から慣らそうと。。。  

 

我らも慣れるしかないの? 

 

シーラチャー。

 

夜街は勿論閉まっていると思う。

 

たしかシーラチャーで日本人9名が店内飲酒で逮捕された事件があった様な。

 

噂では日本の東海地方のテレビニュースで日本人9名他がピックアップトラックの荷台でドナドナされていく様子が映し出されたとか。。。

 

そのシーラチャー。

 

流石に居酒屋はオープンしていてもお酒は出してもらえない。

 

出せると言われてもドナドナされるのは勘弁なのでこちらが拒否するが。

 

今はまだシーラチャーと言うかチョンブリ県でマッサージもアカンのと違うかな?

 

日本人が多く住むシーラチャーで外国人労働者?移民局?だかでクラスターだとか。

 

おまけに製氷工場でもクラスターだとか。

 

シーラチャーに行った時に氷入りの甘いコーヒーを頂いたが大丈夫かと不安になる50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんであった。

 

お酒の提供が無くてもボチボチと居酒屋は営業している。

 

どちらかと言うと昼間の小さなレストラン?食堂?のタイ料理屋さんの方が元気に見えるが気のせい?

 

シーラチャーの夜街の集中するロビンソン?の裏手と言うか海側の方。

 

やはり死んでいる感じか。。。

 

数あるマッサージ屋さんもシャッターが下りている。

 

シーラチャーではロビンソン?に代わる訳でも無いのかもしれないがランドマーク的なセントラルシーラチャーの建設が進んでいる。

 

スクンビット通りの垂れ幕にはQ2オープン何て書いてあるけど、Q2って今月でけるの?

 

今の状況からすると無理やろな~。

 

9月にオープンなんて話をお客さんから聞いた様な気がする。

 

きっと9月頃には新型コロナも落ち着いてくれると信じる。

 

7月のプーケットサンドボックスに引き続いてバンコク等々も10月にはと言ってるし。

 

大手がこのタイミングで新規の大型店舗をオープンする位なのだから大丈夫だと信じたい。

 

プーケットはともかくとしても10月にバンコクが有る程度の開放を見れば人の行き来も一気に増えるかな?

 

私も味わった地獄の約2週間の隔離期間。

 

部屋から出られるのはリラックスタイムのみ。

 

現在はそれすらも無いのかな?

 

何にしても開放が進めば色々と規制緩和も有るはず。

 

まさか奇跡の規制緩和せずに外国から人だけ受け入れる作戦か?

 

でも報道を見ているとタイ国の狙いの観光客は欧米系の富裕層と大量の中国人。

 

何だか風が変わりそうな雰囲気のする50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんであった。

 

でもプーケットサンドボックスに限らずだけど。

 

訪タイの際の注意。

 

もしタイで新型コロナ陽性になったら強制隔離2週間コース。

 

しかも場合によっては野戦病院。。。  

 

【大予想】

 またトンデモな。。。

 

こんなほとんどタイも知らない50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんが大予想。

 

大予想と言ってもそんな大した事では無いのだが。

 

夜街のこれから。

 

タイミングは知らないよ。

 

大上段に構えて見ます。

 

明日?明後日?

 

そろそろG7+αがイギリスはコーンウォールであるのかな?

 

G7って昔の「ワンフェーンコーヒー」とかじゃないので。。。

 

考えるファクターは下記。

 

①新型コロナ

 

②先進国7ヵ国+α会議

 

③C国

 

酷くザックリ。

 

①新型コロナ

 

どこまでタイがせっせと予防接種が進むのか?

 

コレが鍵かな。

 

タイもワクチン接種が始まったのは7日からかな?

 

希望者に対してワクチンが足りないとかで予約した朝にキャンセル電話が結構あったとか。

 

この辺りはTheタイ。

 

アストラゼネカは8日から?

 

お知り合いのタイ人社長さんもサクッとアストラってました。。。

 

日本の大規模接種会場とは真逆。

 

そして民間私立病院での接種。

 

アストラゼネカは締め切られ、次回の補給を待て何て前線基地がピンチの状況みたいな感じ。

 

その次回が10月との噂も。

 

そうなると。。。

 

プーケットサンドボックスはどうかな?

 

限られた閉塞空間。

 

シノバックが不安要素だけど、最悪はガチでプーケットだけ切り離して厳格管理すれば良いのかな?

 

サラシン橋だっけ?

 

最悪は封鎖。。。

 

ところがバンコクパタヤは結構難しいかな?

 

何と言っても陸路で実質の閉鎖は難しいし人の出入りが多すぎる。

 

バンコクで集団免疫を手に入れても数字上。

 

実際にはバンコク等で景気が良い話が出れば更に人の戻りが大きくなると思う。

 

バンコク等へ戻るのにワクチン接種が条件と言っても何処まで守れるか?

 

そうなると最悪は何処かに規制が残るかもしれない。

 

その規制の残る先はナイトスポットであろう。

 

タイの観光に関してもナイトスポットとしてゴーゴーバー等々は正式に推奨はしていない気がする。

 

つまりはアングラでは無いのだがと言うスタンスなのかもしれない。

 

そうなると新型コロナにスポットを当てる限り、問題が発生すれば即対応される可能性も有るのかなと思っている。

 

データとしてタイへの観光入国の外国人は圧倒的に男性が多いとか。

 

70%~80%が男性だとか。

 

完全に手放しで昔通りに戻る可能性も高いと思うが、それなりの時間を要するところであろう。

 

そしてもし中国製ワクチンで効果が薄かった場合。

 

新規陽性者数が跳ね上がってしまう事も。

 

その場合でもサンドボックスが続行されても夜街は閉まってしまう可能性も有るかもしれない。

 

ひょっとするとこれを機にナイトスポット。

 

特にゴーゴーバー等の規制強化も無いとは言えない。

 

規制と言うのは正しくなく監視強化か。

 

厳格なる行動監視。

 

誰とどこへ行くのか?

 

ナニをしているまではともかく。

 

お店でお酒の提供までは許可されるかもしれない。

 

しかし店内で楽しむ分(別室であっても)には営業時間中は問題無しとなるかもしれない。

 

女性と一緒に変えるのはお店を引けた後。。。

 

その場合はお店の上りがどうなるか。

 

飲む場所中心とした時にゴーゴーバーが成り立つのかどうかがポイントな気がする。

 

いずれにせよサンドボックスの様なある程度の行動規制が入る間は夜街にいつどこに規制が入っても不思議は無いと思っている。

 

ひょっとするとアフターコロナと見た時に最大のタイの問題は。。。

 

間に合わせの為に余りの多くの種類のワクチンの許可を出し、タイに居る方の70%以上の接種を目指す事。

 

打ち手はともかく、打たれる側。

 

何処のなんのワクチンを接種しているのか不明なままになると。。。

 

後追いも難しく、次回以降について問題が残りそうな。。。

 

その辺りに今後の問題がありそうな気がする50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんであった。

 

果たして7月でプーケットの夜街がオープンするのか?

 

1つのポイントだとは思っているが、オープンしない様な気もする。

 

お酒の許可までは行くと信じているけど。

 

後はタイ人の感覚勝負。

 

新型コロナ>ワクチン>収入の恐怖世論の場合は上手く行かないであろう。

 

新型コロナ>ワクチン=収入も同じか。

 

いずれにせよ新型コロナの立ち位置が「収入>新型コロナ」にならないと。

 

おまけに「新型コロナ>ワクチン」の場合も夜街が始まっても女性達がどう出るのか?

 

「収入>ワクチン」ならであるが。。。

 

これも「収入>ワクチン」ないしは「収入=ワクチン」で無いと。

 

結構微妙なバランスが有る様な気がする。。。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング