ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

健康に気を使うと

【ワクチンと働き方】

昨日のタイの新型コロナ新規陽性者2419

 

海外からの入国の際の隔離検疫中に陽性になった方10

 

よってタイの国内感染は2409

 

亡くなった方19名。

 

バンコクが1112名ってまた多い事。

 

バンケーだでまたクラスターが発生してるから?

 

何となく思う事。

 

現在の規制では長期化するし、第4波は確実に来る。

 

決して悲観論者では無いが、将来的に良い方向へ余り向かっていない気がする。

 

その時が来れば分かる事か。。。

 

まだ雨季には早いのに毎日のように雷+雨がある。

 

雨が降ると涼しくて良いのだが。

 

しかし色々と面倒な心持になってしまう雨。

 

アクティビティーレベルが低下する。。。

 

ソレでも明るいニュースなのかな?

 

人動きが少しは抑えられる。

 

タイでは外国人も新型コロナの予防接種を無料で受けられる様な話になっている。

 

今のところ保健省の発表では第2フェーズに当たる6月から始まるとか。

 

ただこの第2フェーズは新型コロナに対して高リスク一般人だとか。

 

この第2フェーズで民間病院でも新型コロナの予防接種を受けられる様にしていくとかの話になっている。

 

無料で新型コロナの予防接種が受けられるのは有難いが。。。

 

外国人にはC国製を選んで持って来そうだな。。。

 

もしくはR国製。

 

R国製はほとんど聞いた事もない。

 

有効率や副作用は?

 

そもそもどんなワクチンかも知らない。

 

不活化なのかな?

 

何にしても間違いなく民間病院で予防接種が良いと考えよう。

 

たぶん民間病院での予防接種はエゲレスのアストラゼネカベクターワクチンだと思っている。

 

タイ製の同ワクチンの可能性もあるけど。

 

なんだか民間病院でアストラゼネカを2回接種するのにTHB3000位だろうと言う話も。

 

この辺りが日本と違ってる。

 

日本じゃ民主党政権時に伝染病研究の費用が削られ今に至る。。。

 

タイはたまたまかもしれないが、プミポン前国王様の時からのワクチン研究からのアストラゼネカと同じ量産設備。

 

ベクターワクチンなら取り敢えず実績も有るし安心材料だと思いたい。

 

ファイザー製のワクチンの手配が出来たとか。

 

いつ輸入出来るかはまだみたいだけど。

 

なるべく後ろの方で予防接種受けようかな。。。

 

でもその内に良し悪しはともかくワクチンパスポートが始まるかもしれない。

 

しかしタイは有効性に疑問のあるC国製中心。

 

そうなると周りの準備が整って、いざ来ても良いよとなったところでタイではコロナ患者が一杯。。。

 

ワクチンパスポートの運用が7月からだったかな?

 

プーケットからだと。

 

その後、場所を拡大して行く予定だとか。

 

世界中に向けたプログラムには表向きなっていると思う。

 

でも実態は大量の中国人とお金持ちの欧米系が狙いと言われている。

 

日本人もタイに対するスタンスを改める良い機会なのかとも思える。

 

お金を稼ぐ人、バカンスを楽しむ人etc。

 

テレワークの拡大でタイから日本の仕事何てのも良いかも。

 

労働許可証はどうなるんだろう???

 

何にせよそこに夜街は無い。

 

夜街中心でわざわざタイまで来ると聞いた事があるのは日本人とシンガポーリアン位かな?

 

50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気なるおっさんも今はまだ仕事と胸を張れるが、将来はどうだろう。

 

ヤバい感じしかしない。。。

 

【按摩の記憶】

 お友達から飲みながら聞いた2000年代前半のタイ。

 

私の妄想も勝手に入り込み。。。。

 

 

 

 

 

お友達が出張で宿泊した4つの羽みたいな名前のホテル。

 

当然タイと言えばタイマッサージである。

 

行きたいと思いつつも何処へ行ったら有るのやら。

 

その辺にいくらでもある事は後に知るのだが。

 

この時、外に出るメインは仕事の後の夜。

 

余り出歩くなと釘を刺されている手前、そうそう遠出も出来ない。

 

そこで思い切ってホテルのカウンターで聞いてみた。

 

すると。。。

 

何時の間にやら車が用意された。。。

 

おいおい幾らだよと思いつつも乗ってしまうあたりが何とも危機感が無い。

 

結局は車代は無かったご様子だが。

 

そして連れていかれたマッサージ店でマッサージを堪能。

 

やたらに胸を強調してくる若い女性がマッサージ。

 

ひょっとするとオプションが有ったのかもしれないが、タイ語を全く解せない。

 

マッサージどうこうよりもその光景だけが記憶に焼き付いた。

 

タイのマッサージとはこういうモノなのかと。

 

完全なる勘違い。

 

このお方では無い。

 

この後に出張を共にするどアフォ連中だと。

 

こどアフォ連中。

 

仕事よりも先に遊びで数度タイを訪れた者が後に加わる。

 

あくまで後に。。。

 

そして噂だけはしっかりと調査し、お宿近くの特殊按摩通りへと。

 

この当時から天使みたいな名前のついたお店はあったと。

 

しかも後に釣りツアーとかもやってたとの噂も聞いた。

 

シャワーも有り色々な意味でサッパリ出来る。

 

しかも後には他店でジャグジー付きなんてのも登場。

 

そんなマッサージがデフォになるのはあっという間であった。

 

そこからの普通のマッサージ。

 

タイマッサージのお部屋に入ればそれぞれがカーテンで仕切られる。

 

このどアフォ連中はもうどきどきである。

 

安いだけあってカーテン1枚のドキドキ感。

 

素っ裸のままで待つカーテンの中。

 

普通の感覚ならだと思う。

 

通常は有り得ないシチュエーション。

 

ソレによるドキドキ感。

 

いわゆる露出狂と言うやつだと思われても仕方がない。

 

こんなのが居るからタイの至って真面目なスパやマッサージで施術をする女性にナニかをして貰おうとする輩が出るのかな?

 

タイマッサージ=特殊按摩の構図。

 

日本にあるタイマッサージでもソレをお求めのお方が居るとか居ないとか。

 

何処の国でもそうであるがタイマッサージだから有ると思うのは如何な思考かと思う。

 

マッサージのおばちゃんがカーテンを開ければ霰もないお姿を晒す始末。

 

まだうつ伏せならば始末のしようも有ったろう。

 

ソレなのにこのどアフォ連中と来たら仰向け。。。

 

悲鳴が上がったとか。

 

普通にお店を仕切るママさん?店長さん?が呼ばれる。

 

相当にお店の方はお怒りだった様で服を着て追い出されたとか。

 

この犠牲になったのは1番奥に陣取った方。

 

残りの方も慌てて服を着てそちらの方々は事なきを得たとかトバッチリを食ったとか。

 

どうしてそこまで飛躍するのか不明で有るが。。。

 

悪い言い方としてはタイを舐め切っていたのであろうと推察する。

 

冒頭のお友達宜しく見るだけ楽しんでいれば良かったのに。。。

 

でも我らがタイ工場近くの片田舎な街のマッサージでも妙に色っぽいオバハンが居るのは事実。

 

確かにそんなタイプの方は妙に際どく来る様な気がするのは気のせいであろうか?

 

足の付け根部分を圧迫するタイマッサージ。

 

その際に良く愚息のポジションを弄られる。

 

その手付きが。。。

 

こんな事を思う私も日本でタイマッサージに行ったら誘うな。。。

 

若いマッサージ師の女性にLINEを既読スルーされては凹む50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんである。

 

オイルマッサージも気持ち良いが、安過ぎるお店のオイルマッサージは要注意。

 

過去に1度だけオイルマッサージ終了後に、オイルをタオルで拭き上げられただけの経験が。

 

ビタビタのねちょねちょのままアパートに帰る悲劇。。。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング