ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

我慢と豊かな事

【オットンダイマイ?】

昨日のタイの新型コロナ新規陽性者1911名

 

海外からの入国の際の隔離検疫中に陽性になった方9名

 

よってタイの国内感染は1902名

 

亡くなった方18名。

 

相変わらず亡くなる方が多い。

 

死亡率も0.44まで上昇してしまっている。

 

世界平均から見ればまだまだ低いと思うが。

 

バンコクの新規陽性者も739名とここのところ概ね700名チョイで推移してる感じが。

 

何にしてもバンコクが減らなきゃだけどクロントゥーイに続いてホワイクワンデモとなって来ると。

 

さてさて、のんびりと自粛の夜が続くのみ。

 

連休中は毎日1時間以上の散歩に励んでいた。

 

多少なりとも痩せようと思った事と、やはり長時間部屋に居るとおかしくなりそうな気がしてきたからである。

 

汗だくで歩く約1時間。

 

アパートに戻っても直ぐに中に入る気にはなれず、ロビー外のベンチで一休み。

 

そ際にはカウンターに言うとただで頂けるアイスコーヒーも。

 

運動の後の冷たい飲み物は最高である。

 

しばしベンチでグダグダしているとである。

 

タバコを吸いに出てきた様なお年頃は50前後の方と見た。

 

同年代かな?

 

ソワソワとおタバコを。

 

何故か不信感が無きにしもあらず。

 

流石にガン見する根性のない私。

 

例によって得意技チラ見。

 

するとタバコを消したかと思うとゲートの方に向かって小さく手を振り出した。

 

予想通り。。。

 

夜街が閉められかつ連休。

 

女性を部屋に呼んだのだと思った。

 

現在はアパートに登録の無い方はカウンターにIDカードを預ける事になっている。

 

私のアパートではキーカードが無いとエレベーターホールに入れないし、乗ったところで自分のフロアーのボタンが押せない。

 

ところがである。

 

手を振られた女性はこの男性の手の振りに全く反応せずに素通り。

 

思わず吹き出しそうになってしまった。

 

なぜならば。。。

 

同じフロアーに住む日本人男性のタイ人奥様。。。

 

だと思う。

 

自分の呼んだ女性の顔が分からないのかはたまた目が悪いのか?

 

いずれにせよ失礼ながらとんだ間抜けにお腹が痛くなってしまった。

 

何にしてもこのレッドゾーンの状態で何処の誰とナニをしているか分からない夜街と思われる女性を呼ぶ根性。

 

中々の強者だと思った。

 

確かにタイムラインが晒されても「やっぱりね」と言われる様な足跡は無いと思う。

 

それでは何処から?

 

コレが感染を蔓延させる要因か。

 

やはり日本人が見えない様に一役買っているのか?

 

余計にタチが悪い。

 

我慢すべき時に我慢出来ない。

 

私と同年代位である。

 

推して知るべし。。。

 

 お歳を召されると我慢できなくなると聞いたことが有る。

 

しかしお歳を召されれば愚息は我慢だけしかできなくなっているのは私だけ。

 

天を仰ぐ方が我慢な状況。。。

 

見た目の規制が厳しくとも、やはり1人1人の心掛けが大切な時だとか再確認できた。

 

誰誰がしてるからではなく、我慢しませう。。。

 

【豊かな事が良い事?】 

 2000年に入って間もない頃のタイ。

 

お友達がお酒を飲みだすと楽しそうに思い出話をしてくれる。

 

そんな話に私の妄想が絡まる。。。

 

 

 

 

お友達の初訪タイは仕事の出張。

 

そしてお泊り先は4つの羽みたいな名前のホテル。

 

そしてこの頃からお友達の行き付けの通りはスクンビットのソイ33と言っていたかな?

 

今では想像もつかない。

 

この当時はソイ33にも相当な数のカラオケが有ったと。

 

それこそソイ33に入れば通り沿いに女性が並び、通り過ぎるだけで声を掛けて頂けると。

 

慣れるまでは顔を上げて歩く事が難しかった何て事を聞いた。

 

勝手な想像は新型コロナ禍以前のタニヤみたいな物かなと。

 

その中で最安を宣伝するお店に良く行ったと言っていた。

 

お気に入りが居た訳でも無いと。

 

このお店の周りにも隣にも居酒屋が有るし。

 

そしてこのお店の面白い処が。。。

 

隣には系列店なのかな?

 

連れ出し不可のお店が有り、実は3階だか4階だかで繋がっていたと。

 

結局はどちらに入っても中は同じ。。。

 

このカラオケ。

 

お店に入って直ぐにカウンターとソファーが置かれている。

 

先ずはその1階で女性を指名し2階へ。

 

2階以上はボックス席やVIPルーム。

 

大概はボックス席だったそうな。

 

お客さんが一緒の時はVIPルート使い分け。

 

数度通ううちに何故か一人の女性に気に入られたと。

 

それから10年以上経ってこの女性を見掛けた時にはタニヤでママさんをしていたと言うから見事である。。。

 

日本語はとにかく堪能な女性。

 

顔つきはTheタイ人。

 

何がTheタイ人かは未だに良く理解していない私であるが。

 

感覚的に?

 

私の思い込み的に?

 

とにかくノリが良い女性であったと。

 

ソレが彼女をご指名させて頂く1番の理由。

 

そして2番目は日本語が堪能であったと。

 

それ故にお客さんと一緒にこのお店に来てVIPルームへと入ると非常にお役に立って頂けた。

 

あの日本人はお客さんで社長何て伝えておくと気の使いようが半端ないと。

 

しかもその事を社長にご指名された女性にも伝えてくれるほどの接待上手。

 

こうなれば便利に使わせて頂ける。

 

しかしこれほど優秀と思える女性にも悩みは有る様で。

 

その悩みとは。。。

 

当時のタイはこれから異常なまでに発展していく入り口。

 

その為、まだまだいかにも貧しい感じの女性が多かったと聞いた。

 

簡単に言うと痩せている。

 

ガリに近い感じの女性が多かった。

 

そうなれば必然的に脂肪分で形成される部位。

 

最近ではSiが主成分になりつつ有る夜街の様な。。。

 

そこがぺったんこな女性が殆ど。

 

「おぉぉぉぉぉぉぉ」と思う様な女性は大きいカップのモノを買い、空きスペースに布類を詰め込む方も。。。

 

上げ底にも程があると思うが。

 

結局は今も昔も大きい方が良いとの1点豪華主義。

 

形何てモノには無頓着。。。

 

新型コロナ禍以前のショッピングモール。

 

ベンチで一休みをしていると近くには必ずと言って良いほど似たような年齢のタイ人のおっさんも居たりする。

 

きょろきょろするタイ人おっさん。

 

どう見てもそのきょろきょろの先に有るの女性の。。。

 

結局はソコかい!

 

ならば大きい方がと女性陣が思ってもなのかも。

 

ところがこの女性は天然なのにソコが非常に豊かであった。

 

そのため男性陣の目線が全てそこに行くのが悩みだと。。。

 

ソレを周りの女性が知っていれば余計に盛るわな。。。

 

ナナプラザでもソイカウボーイでもそこを 露にして踊られている女性は沢山居る。

 

しかしほとんどは大きい事に主眼を置き、形は完全に無視。

 

世界標準はソッチなのかな。

 

形に対する美は無いのかな?

 

それとも私が特殊???

 

 女性陣、特にタイ人女性からすればSiに頼るほどなので羨ましくて仕方がない悩みだろう。

 

ひょっとするとだからこそ気遣いも出来て日本語もお上手なのかな?

 

嘘か誠かこの女性にパパさんが居た訳でも無い様であった。

 

女性の方からお断り差し上げていたご様子だと。

 

まわりから勿体無いの嵐。

 

人それぞれ譲れない一線は有る訳で。。。

 

とこれ以上の突っ込みもしなかった様だ。

 

その辺りは夜街の女性と割り切っていたこの方。

 

遊ぶ方も有る程度のプロフェッショナルが求められる。

 

良くあらゆるものをかなぐり捨ててドツボにハマる日本人のお爺さんのお話は良く聞く。

 

私もその方達に近い存在かな?

 

その内に全てを捨てて、残ったものも吸い取られ。。。

 

想像するのは止めよう。

 

どうしてその様に全てを投げ打ってと思えてしまうのか?

 

だから日本から一生懸命送金する方も多いのであろう。

 

自己満足と自分を納得させて。

 

それはタイに居る方々も同じか。

 

この濃赤ゾーンにバンコクがなってからは流石に女性を呼ぶ訳にもお食事をする訳にも行かない。

 

お気に入りの女性であっても片思い。

 

両想いになどなれるはずも無いからお金でどうにか。

 

このお方も言っていた。

 

ソレが間違いだと。

 

好きか嫌いか何て一瞬で決まると。

 

好きになっても好かれてなければお金しかない。。。

 

しかしソレも上手く行かない現実。

 

じゃーどうすりゃええの疑問が募る50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんであった。

 

理屈のその先。

 

女性が私を見てドキドキして貰わないと。

 

本能を理屈でどうこうしようとするからダメなのか。。。

 

 そこに残る理屈は「お金」。。。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング