ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

無いモノねだり気味?

【間違えないようにしなければ・・・】

数日前にシーラチャーで日本人2名の新型コロナ新規陽性が確認されたようだ。

 

シーラチャーのお役所も大変である。

 

それに呼応してかどうかは不明である。

 

昨年12月20日から31日にかけてカラオケやスナックへ行った人でPCR検査を受けていない人はシーラチャー役場に連絡をした上で至急PCR検査を受けて欲しいとタイ語、日本語の文面が出た。

 

それだけ日本人の無症状者を疑っていると思う。

 

バンコクに住み、バンコクの会社へ通うお客さんも年末年始にパタヤにゴルフと遊びに行き、仕事始め早々に14日間の隔離措置を会社に命じられたとか。

 

違法入国のミャンマー人が持ち込み、日本人が広めたと思われているのもあながち冗談でも無いのか。

 

 やはりタイでも各県に於いて緊急事態宣言的な状況も有り、仕事の量が目に見えて少なくなっている。

 

50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんもコレが続けばと危機感を感じてしまう。

 

心なしか朝晩の渋滞がいつもよりも少ない気がする。

 

高速道路で検問所を設置する位なので、人の往来が減っているのは確実なのだろう。

 

色々な制限が掛かって来ると経済に影響するのは実感できる。

 

お国としては可能な限り経済への影響は避けたいところであろう。

 

タイでもTHB3500位の困窮者への支援が再びあるとか。

 

やはりワクチンが待たれるところであろう。

 

タイではレッドゾーンに区分けされた県から中国製のワクチン接種が来月より開始何て報道もあったか。

 

ワクチンだけが頼りと言った報道もあるようだが。

 

それにしてもワクチンの効果。

 

個人的にひょっとしてと勝手な想像を膨らませる事。

 

発表されている効果に副作用。

 

何年もその効果をや副作用を追い続けた物ではないところが不安である。

 

これほどまでにスピーディーに出来上がったワクチンを全人類数近く摂取する事になるのだろう。

 

想定外の事故が発生した場合。

 

まさに人類滅亡。。。

 

なんて反動主義的考えかもしれない。

 

しかし、今回はそんな想像通りにはならなくても同様の事を繰り返せばいつか起きるであろう。

 

そして新型コロナ対応のワクチンで一躍有名になったmRNA。

 

コレだけでは何の事やら。。。

 

そもそもタイに居ながらタイ語も出来ないおっさんが英語関係の事を理解しようというのが無理難題。

 

タイの私立病院で個人的に新型コロナのワクチン接種が許可方向だとか。

 

一旦お国が許可していないと中止した報道が記憶にある。

 

そもそもmRNAは非常に分解しやすいはず。

 

きっとタイの私立病院で結構な金額になるのであろう。

 

我ら外国人は私立病院で希望者のみ接種かな。

 

ちゃんと輸送や保存に必要な超低温の冷凍庫は大丈夫なのか不安になる。

 

あちらこちらに野良犬の多いタイ。

 

野良犬様に噛みつかれれば急ぎ狂犬病の予防接種が必要なる。

 

そのワクチン。

 

保存状態が悪く、効かない事も有るとか。

 

死ぬやん。。。

 

普通のワクチンでそれなのに超低温保存を必要とする新型コロナワクチン。

 

接種する事が目的ではなく、抗体を手に入れる事が目的。

 

どこかの誰かが言っていた。

 

竜王を倒すゲームであるが、竜王を倒すのが目的ではなく、それによって得られる世界平和が目的。

 

仕事でも何でも良く言われる手段が目的化してしまう現象。

 

50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんもお嫁さん探しの本当の目的がいつの間にやら夜遊びが目的化しているな。。。

 

【ラッチャダーの思い出】

ラチャダーと言えばMRTタイランドカルチャーセンター駅から近い電車市場である訳が無い。

 

もう一つ郊外に出たホワイクワン駅周辺である。

 

新型コロナ禍以前はパタヤに並んで中国の方の異様に多いエリアと感じた。

 

駅から出るとホワイクワン市場のラチャダーの通りを挟んだ反対に大量にある中国語の看板。

 

ここは中国かと思う程である。

 

タイランドカルチャーセンター駅の近くに中国大使館が有るがために、タイの中華街であるヤワラートの様になっていると知ったのはこの辺りをうろつき始めてしばらくした頃である。

 

新規に出来上がったコンドミニアムも大量の中国人が購入していたと聞く。

 

たしかタイのコンドミニアムは外国人も所有できると聞いた。

 

しかし購入者の49%までだったか。

 

実質半数の部屋は外国人が購入可能。

 

しかもそこに1人で入るとは限らないわけである。

 

中華系ではなく中国人が多くなる訳だと妙に納得した。

 

そしてそのホワイクワンの市場でご飯を食べる時に出てくるメニューもタイ語に中国語併記。

 

写真の有るお店も有り、タイ語が全く読めない私でも中国語の漢字で雰囲気が掴め失敗が少なくて良い。

 

そしてこのホワイクワン一帯と言えば誰でもMPを思い浮かべるであろう。

 

その辺りもコテコテにご多分に漏れる事は無い私である。

 

私の知るあのエリアは既に縮小傾向にある感じであった。

 

しかもお客さんは中国人中心。

 

お店で一通りが終わり、部屋にTHB20程度のチップを置いて行くのもお店の女性に言われて知った様なおっさんである。

 

どこのお店でもそうであるが、お風呂の時に難儀する。

 

頭を洗ってくれるのは有難いのだが。。。

 

頭髪の少ない状態に刺激を与えて少しでも太く多くしようするサービスだと理解している。

 

爪を立てて頭を洗うのはやめて頂きたい。。。

 

言葉が分からず毎回やられる。。。

 

お店の中には妙に日本語の上手いママさんやコンシアが居たりしてソレはソレで面白い。

 

お店によっても価格帯が全く異なる割にはそこから先にあまり差を感じた事が無い。

 

ラッチャダーと言えば痛い洗髪だけが私の思い出である。

 

しかしプロンポーン駅周辺のスペシャルマッサージ同様に真昼間から絶賛営業中のお店があったりするのも良い。

 

何よりあのホワイクワンの市場が結構気に入っている。

 

お釜様が異常に多い気がするのは気のせいなのだろうか。

 

そして古いタイを知るお友達談である。

 

1990年代後半だと思う。

 

お店に着けばコンシアがお出迎えをし今も昔も「ブラザー」と言ってくるのはあまり変わってないのか。

 

あれこれとおススメをして来るコンシアに対し粘りに粘ってお断りを申し上げる。

 

そうするとコンシアが「お前は秘密を守れるか?」と聞いて来ると。

 

勿論と回答をすると誰も使用している雰囲気の無いエレベーターで上階に連れていかれたと。

 

そのエレベーターの中でも「ここで見た事は一切口外するな」と真顔で注意が有ったようだ。

 

その行き着く先はガチもんの女優が居たと言っていた。

 

タイバーツがプラスチック紙幣の時代。

 

そこに居たとんでもなく綺麗な女性3人。

 

THB3万~10万だと記憶が有ると。

 

ベトナムドンの話かと思う金額である。

 

この当時でその金額が飛び抜けて高かった為に記憶に残っていると。

 

そして10年ほど前にだと言っていたか。

 

ラッチャダー近郊のお店をうろつき最も高価なお値段はTHB15万だと言っていた。

 

どんな女性がお相手してくれるのか。

 

その時はTHB15万の女性はいないと言われたようである。

 

その女性は〇女だと。

 

それじゃお金を払うんじゃなくて、こちらが貰いたいくらいだと言っていたのはこのお友達。

 

今ではそんな物凄い事は聞いた事が無い。

 

私のタイ語がヘタレなだけかもしれないが。

 

古き良きMPはそんな事もあったと興味津々に聞き入ってしまった私であった。

 

今ではそういった場所でプレイを楽しむ方も減ったのだろう。

 

手軽なスペシャルマッサージ屋さんが多くあるのがその証拠だと思う。

 

抜けば良いでは無く、良くも悪くも女性からのサービスを楽しむ夜遊び。

 

その様なジックリと楽しむ方が減っているのは残念に思う。

 

夜遊びの本来の遊び方かもと思ってしまう。

 

店外デートでタイ人女性のおもてなしを楽しむのも一興かと思う。

 

このMPの様なお店でサービスを楽しむのもコレまた一興だと思う。

 

しかし今では若者もある程度歳を重ねた方も楽しむは有るのだろうだろうが「出す」事に余りにも拘り過ぎている様に感じた。

 

出す事に主眼が置かれたサービスでも良いが、おもてなしではないが出すまでの過程を楽しむサービスも良いなと想像だけはする。

 

お客さんの要望が出すに有ればサービスする側の主眼もそこになる。

 

楽しませて出すを本来は望んでいるお客さんが大半だと思うが、最終要望の出すだけに終始したサービスが多くなっていると思う現在。

 

あまりにもお客さんが出すを強調し過ぎてしまい、その結果そこに至るプロセスが薄くなった様に感じる。

 

そして薄くなったプロセスからタイ人のホスピタリティが無くなっていると言われてもと思う。

 

その痒い所に手が届くがホスピタリティと言われればそれまでであるが。。。

 

50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんとなっては息子が言う事を聞かない事が増えている。

 

ならばそのプロセスを思う存分楽しむのも有りかと思う今である。

 

しかし我らが片田舎な街にはスペシャルマッサージは有ってもMPは無い現実。。。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング