ふーさんのタイ日記

齢50を超えてタイに赴任。人生初のラッキーが起こるか?

タイの今昔

【考えてしまう】

やはりタイ人の国内移動であってもレッドゾーンの県からそれ以外の県への移動に関して14日間の検疫隔離が多く始まっている様である。 

 

土曜出勤日の昨日。

 

年末年始連休明けから土曜出勤はキツい。

 

シラチャに住むお客さんも土曜出勤であった様だ。

 

昨日発表はシラチャだけで35人の新型コロナ陽性者が出たと。

 

チョンブリ県で40名なのに。

 

某日本人御用達の私立病院は日本人入院者で結構な状況らしい。

 

そんな中、コーヒーショップのオーナーさんが愚痴っていたと聞いた。

 

日本人がシラチャのカラオケやスナックの女性と遊んで新型コロナの感染を広めていると。

 

お店が閉まっているのを良い事に、一緒にご飯を食べたり部屋に連れんこんで感染を拡大させていると。

 

バンコクもこの新型コロナ禍に苦しんでいる。

 

40年続いているローカル食堂も閉店するかどうかの瀬戸際だと言っていた。

 

そんな最中シラチャ同様にカラオケが閉まっているのを良い事に、夜街の女性とご飯を一緒にとせっせと連絡を入れている方が居るのだから凄い。

 

お食事だけで通常よりも高額なチップをお支払いし必死な様子である。

 

これで新型コロナに罹患したら笑い者どころでは無かろうと思ってしまう。

 

行動履歴はもちろんネット上に会社名やら実名やら住んでる場所まで晒される危険。

 

何故、コレを知ったか。

 

某カラオケの女性が相談してきた。

 

日本人はアフォなのかと。

 

あれだけ東京や日本で新型コロナが蔓延するのも分かると言われてしまった。

 

日本のおじさんは新型コロナの感染など気にしないで女性と食事に行くのだろうと。

 

いやいや違うよと説明しても言い訳にしか聞こえないのであろう。

 

このカラオケの女性も新型コロナが怖いのだ。

 

私には何で日本人は平気なのだ聞きたかったようである。

 

タイでも非常に積極的にPCR検査を実施している。

 

しかしPCR検査を積極的に実施しても感染抑制になるというデータは無いようだ。

 

新型コロナの感染の多くは飛沫感染だと思う。

 

つまりは唾液による感染である。

 

タイでは大皿盛り付けで取り分ける料理が多い。

 

これではどんなに気を付けても一発であろう。

 

新型コロナはただの風邪。

 

確かにそうであろう。

 

良くインフルエンザと比較される。

 

インフルエンザが日本で年間1500万人~位に罹患し死者が約4000人出るとか。

 

この死者もインフルエンザ直撃ではなく2次感染が殆どであるようだ。

 

だからインフルエンザで特効薬と共に抗生物質が出される事もあるらしい。

 

一方で新型コロナの実績値。

 

日本で約25万人が罹患し、約3500人が残念ながら亡くなっている。

 

しかも新型コロナ直撃で亡くなっている。

 

インフルエンザと比較し単純に約100倍の致死率である。

 

実際は無症状者が多数おり、これよりより致死率の数字は低くなるであろうと予測する方が多いが本当であろうか?

 

実数を並べたところに想像の数字を足しても意味が無いと思ってしまう。

 

だから新型コロナは怖いと書くつもりもない。

 

そして日本で新型コロナに罹患し一般的に言う地獄の「軽症」であった方に話を聞いたことが有る。

 

既にPCR検査も陰性、医師も問題無しと言われて数ヶ月経つが未だに前の体調に戻らないと言っている。

 

未病の様な感じだと。

 

そこまでリスクを冒して通常よりも高額のチップを払いカラオケの女性との食事。

 

しかも実際の女性は結構嫌がっている雰囲気が強い。

 

日本の感染状況から見ればまだまだタイは罹患する可能性は低い。

 

しかし、タイ人も色々と我慢している状況にあって自分の欲望を満たそうとする日本人はどうなのだろう。

 

「ご飯だけ」

 

その軽はずみな1人の行動が周りみんなの我慢を無駄にしてしまう。

 

夜街の女性がお金に困っているだろうと思うならば、送金だけしてあげれば良い。

 

ソレが本当に女性の為になると思うならば。

 

【某カフェのお友達の思い出】

 ロックダウンに近い状態になる前である。

 

再訪タイ後にソイカウボーイから某カフェを経由しナナプラザで仕上げの流れ。

 

とある休日には私に良くある流れである。

 

コレでいくらソイカウボーイで粘っても女性が見つからない。

 

ドリンク代だけが嵩んでいく。

 

ナナプラザでも見つからないのはいつもの事である。

 

やはり新型コロナ禍以降は女性の数が少ない。

 

某カフェしかりである。

 

古豪の方々は戻っている様であるが。

 

その中で、私が赴任してしばらくした時にお相手願った女性が某カフェに居た。

 

新型コロナ禍にも負けずである。

 

以前は昼間の仕事もしていたが、この新型コロナ禍で昼の仕事もさっぱりだとかで今は週末の某カフェ一本とバリバリの日本語である。

 

知り合った時には既にお鼻を弄った後であった。

 

もっと稼げていればもっともっと綺麗にあちこち改造したのにと嘆いていたところに独特を感じた。

 

あのS字のテーブルについても50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんには誰も声を掛けてなど来ない。

 

日本人に囲まれゆっくりとシンハービールが飲めるので好きな場所である。

 

いまではこの女性の様に某カフェプロと言われる様に、女性のメンツにあまり変化が無くなっているのだろう。

 

既に帰任された方に伺った20年近く前(だと思う)この某カフェ。

 

このタイにあってそれだけ長く続くのは凄いと思う。

 

東京等々の大都市圏では似たような出会いカフェが出来ていると日本で聞いたことが有る。

 

きっとタイのこの某カフェ経験者が日本へ移植したのであろうと勝手に想像している。

 

そしてその昔話である。

 

当時は本当に素人さんが居たと言っていた。

 

某大学の学生さんがお小遣い稼ぎに来ていたとか。

 

また、その月に収入の足りない普通の昼間仕事をしている女性が来ていたと。

 

テクニックを楽しむのではなく、素人さんを楽しむことが出来たと言って

おられた。

 

チップも今の相場とは全然違うと。

 

遥かに安かったと言っておられた。

 

妙にそこだけ記憶に残る貧乏人の私である。

 

お家賃別とは言ってもしっかり課税されるタイで、残りTHB5万~THB6万程度の製造マネージャーである。

 

この帰任された方が素人と見分ける方法も語っていた。

 

多いのは女性2、3人の集まり。

 

しかも緊張感が顔に出ていると言っていた。

 

話し掛けると一目瞭然でしどろもどろになっていると。

 

チップ交渉も周りに確認しながら回答してくると。

 

この当時も某カフェ上のホテルは変わらずの様である。

 

そこで改めて話を聞くとやはりとなる様である。

 

そしてこの手の方は1度お相手願うともう2度と会う事は無かったと。

 

この当時はLINEなど無い。

 

女性達との連絡は携帯の番号を聞きショートメッセージが中心。

 

所謂SMSである。

 

小さな画面のNokia等々の携帯で頑張って打ち込む。

 

やはり素人さんや某大学の現役学生となれば助けてあげたいのが人情である。

 

どれだけ下心だらけの人情なのか。

 

そもそもソレを人情とは言わないか。。。

 

再開を願って打ち込むSMSに返信があった試しが無いと言っておられた。

 

まだSMSが届けば良い方で、場合によっては番号が解約されてしまう事も普通に有ったと。

 

 SIMが壊れてしまい、新たな番号にしてしまう事も有った様であるが。

 

今では外国人はパスポートだ写真撮影だとしないと使用できないSIM。

 

その当時は外国人でも普通にプリペイドSIMがコンビニで買えたとか。

 

短期旅行者もこのプリペイドSIMを使い、料金をチャージする事で日本へ帰ってもSIMの有効期限を延ばせたと。

 

チャージするのもコンビニでスクラッチカードを買い、ソレを削って出た番号を入れるとチャージできたと言ってた。

 

その為、旅行者は次回の訪タイまでを計算してスクラッチカードを買ったと聞いた。

 

今の私のプライベートSIMは銀行アプリに携帯番号を入れると料金が表示されそのままボタン一つで支払うシステムになっている。

 

何とも楽ちんである。

 

夜街の女性と繋がっておくのにLINE等々のツールは欠かせない現在。

 

もっとも繋がっておくと言っても次回の訪問時に会う位の役目しかないのだが。

 

依存症と言われるようになり、スマートフォンとの風刺画もたくさん出回る位にブラックジョークなる。

 

某カフェの女性もいつまでも某カフェに通うのであろう。

 

早いところ別な仕事を見付けて欲しいモノである。

 

願わくば今のSIMを捨てて夜街を卒業できる事を願うのみである。

 

ならば私がと名乗りを上げても全く相手にされない50も超え髪も薄く肥えた血糖値の気になるおっさんであった。

  

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

 


タイランキング